こんな時だからこそ、気分だけでも旅をしたい。

去年、1週間ほど滞在した、タイでの思い出。

記憶を辿りながらレシピにしました。

蒸し暑くなると、旨味がギュッと詰まった、パワーあふれる料理が食べたくなる。

普段の鶏肉料理とは、また違った旅気分メニューです。

 

 

 

ガイヤーン

タイの定番、下味に漬け込んで焼く鶏肉料理です。

《材料》

鶏もも肉 2

 

〜鶏肉の下味〜

ココナッツミルク 大さじ3

ナンプラー 大さじ1

薄口醤油 大さじ1

オイスターソース 小さじ1

蜂蜜 大s1

ニンニクすりおろし 小さじ1

生姜すりおろし 小さじ1

ブレンドスパイス(SUNDAY)小さじ2

レモンまたはライム くし切り

お好みのハーブ

 

 

《作り方》

1、鶏肉は余分な脂や皮を除き、半分に切り分け、合わせておいた下味に、できれば3時間以上漬け込む。

2、フライパンなら蓋をして弱火で、オーブンなら200℃15分くらい焼く。

3、少し粗熱が取れたら切り分けて好みのハーブなどと盛り付け、柑橘を絞ってハーブを添えていただく。

 

蜂蜜とココナッツミルクに漬け込むことで、プリプリジューシーな臭みのない仕上がりに。

冷めても美味しいのでお弁当にも。

カフェアライムの葉があれば千切りにして一緒に漬け込んだら更に本格的な香りを楽しめます。