そっと寄り添って。

 

その日にどうしても試したいワインがあった。

そのワインには、エスニックなハーブと相性がいいと聞いて、考えた一品。

 

ハーブと寄り添い、お互いを高め合う。

カレー以外のスパイスの使い方。

 

 

 

 

ひき肉とハーブとマッシュルームの詰め物 ヨーグルトソース

《材料》

(詰め物)

合い挽きミンチ  200g

煎りブレンドスパイス.    小さじ1

ハーブ(ミント、バジル、ローズマリーなど)みじん切り 適量

ニンニクすりおろし 小さじ1/4

溶き卵 1/2こ分

塩 2g

ナンプラー 小さじ1

 

(ヨーグルトソース)

水切りヨーグルト 100g

レモン汁 小さじ1

ナンプラー 小さじ1/2

胡瓜すりおろし(余分な水分は切る)1/2

ハーブみじん切り 適量

塩 小さじ1/4

煎りブレンドスパイス 小さじ1/2

マッシュルーム 

パルメザンチーズ 適量

ライムまたレモン 適量

パクチー 適量

 

《作り方》

1、詰め物の材料をボウルに入れて、粘りが出るまで混ぜ合わせる。

2、ヨーグルトソースは、全てを混ぜ合わせておく。

3、マッシュルームは芯を除き、詰め物を詰め合わせる。

4、フライパンに油を敷いて、マッシュルームの頭を下にして並べて、蓋をして蒸し焼きにする。

5、器に並べ、ソース、パクチー、チーズを添えて盛り付ける。

 

 

手に入りやすいハーブを使ってスパイスと合わせ、パテをよりスパイシーに香り高く仕上げた一品。

ポイントは、ブレンドスパイスを炒ってから使うこと。

マッシュルームやしいたけ、ししとうなど。

もちろんそのまま焼いても。

さっぱり白ワインやオレンジワインにも合うメニューです。